新仲見世商店街で飲食店舗入居者募集中

新仲見世商店街の電気店のスペース活かしたスペース”PASO(仮)”で2パターンの事業者の入居を募集をしている。

このビルはもともと百貨店だった。昭和45年から電気屋として営業をしている。
時代が変わり、商店街の店舗だけで電化製品を売るのでなく、ご自宅の困りごとの出張サービスがメインとなり売り場のスペースはそこまで必要なくなった。

2階は倉庫をリノベーションし現在はダンススタジオとしてエルパシートが利用をしている。

そして1階もリノベーションをし、現在のスペースを3分割をする。

エリアマネージメント会社lanescapeは、電気屋・シェアキッチン・賃貸物件としてこのビル1階を”PASO”として生まれ変わらせように準備をしている。

”PASO”「パッソ」とはスペイン語で“一歩”という意味。
そんな大きな一歩を持って出店を検討する方をlanescapeは募集をする。


不動産オーナーである今井俊之さんは、店舗の運営と共にこの商店街の会長を務めた。
若い頃にはアーケードの設置を見守り、会長の時は道路を活用した取り組みを行ってきた。また会長を退任された時にはアーケード撤収に尽力された。

4年前のNeo商店街という取り組みで、これからの商店街を提案する今井俊之さん

そんな新仲見世商店街は様々なイベントを通じて、歩道活用を繰り返し、2021年 歩道に常時机椅子を置けるようになった。

この歩道活用の動きは国交省のウォーカブルの施作とも連動をしている。
新しい時代に合わせた商店街の使い方、このPASOではそれを積極的に実践をしていく予定だ。
店舗前の歩道は車が入らず、常時占有許可を取り机椅子を設置して、歩道でゆっくり安全に過ごす事ができる。

つまりは客席を建物の敷地だけに限らず、道路にも席数を確保でき、店舗としたは大きなメリットが持てる。


行政としても協力的に規制緩和をしているため、ここを利用する方にはメリットを最大限に活用しながら、これからの歩道活用の参考になるパブリクマインドを持った活用を望む。

募集する物件は2パターン。

1パターンは、右側の賃貸エリア。
道路に面した部分で物販、テイクアウトのカウンターを設置し、中にカウンターを8席ほど確保ができる。

もう一つは、POP-UP Kitchen。
こちらは2ヶ月ごとの契約となる。飲食の食堂許可内の営業となり、スチームコンベクション、ガス台、各種調理機材も用意される予定だ。
利用期間内近くに住居も借りることができる。都心で地方で店舗を持ちたい方が沼津を選択するためのお試し出店としてもおすすめだ。
週5日以上昼と夜の営業を望む。

想定の間取りはこのようように予定をしている。


また、多くの事業者から店舗を始めたいがスタッフが集まるか不安という声も多い。
そこで、先に求人をlanescapeがすることにする。
2月下旬より商店街の中で飲食や物販の業務。街を面白くすることに共感し、そして街で挑戦をする方のサポートをしながら働きたいと思う地域愛の溢れる方はlanescapeにぜひ!

PASOが商店街の日常になる風景。

沼津で店舗を持つ一歩。

そんな未来の画を少しでも自分ごととして想像した方は、ぜひお問い合わせを。


お問い合わせ先一般社団法人 lanescape
連絡先055−963−4556 /  lanescape.ne@gmail.com
専有面積① 49m²(15 坪)
② 32m²(10 坪)
初期入居費用目安①約250万円
②0円
予定賃料①9万円/1ヶ月
②12万円/1ヶ月
※住居 1LdK 6万5千円/1ヶ月
定期借家契約期間①2年間/再契約:相談
②2ヶ月間
スケジュール①第一次募集エントリー(10月20日まで)
②決定  11月初旬
③オープン  2023年2月予定

Follow me!

PAGE TOP