沼津ソウルフード紀行~伊豆家~

どこの街にも、地元の人に長く愛されるお店がある。
そのお店には、時代を経ても変わらない看板のメニューがある。
子供の頃から親と通い、親になると子供と共に通い続ける。
その店の雰囲気、味はアイデンティティとして形成される。

沼津にも昔から続く自慢したくなるお店がありメニューがある。
そんな沼津のソウルフードを紹介していこうと思う。

今回は「伊豆家」。
沼津駅から歩いて15分、永代橋のすぐ脇にそのお店はある。
知らないと見つからないような場所。

IMG_8188

地元の人から支持されている天丼屋。
あの三國連太郎さんも通われていたようだ。

IMG_8185

暖簾をくぐると2組のおじさんたち。
女子一人で乗り込んだのでちょっと場違いだったかな?と思ってしまった。

威勢のよいおばちゃんが、
お茶の入った急須とカラの湯飲み、そして漬物を置いた。
ひとりには大きすぎる急須。柄もなんだか懐かしくかわいらしい。
きっと狙ってるわけではないのだろうけど。

IMG_8180

「後で注文とりにくるから」と笑顔で声をかけてくれたのでひとまずほっとする。

メニュー。
天丼しかない。

IMG_8184

エビ天、イカ天、魚天。
その組み合わせのよう。
エビが2~3匹乗っているという上天丼もある。

ここはオーソドックスに「天丼」にした。
エビ天、イカ天、魚天がひとつずつ。

周りを見るとみんな味噌汁を頼んでいるので
味噌汁100円も追加。

そうしているうちに、気づくと席は満席になっていた。
若い人からおいじいちゃんまであらゆる層の男女。
女一人の私がいても気にならない。

5分くらいして出てきた。

どんぶりの蓋からチラリと見える天丼に心躍る。
明けるとドーン!と、どんぶり一杯の天丼。
しっかりタレがかかっている。

IMG_8178

サクサクとした触感とタレのかかった部分の柔らかさが何とも言えない。
ぺろりと食べてしまえる天ぷらだ。
100円とはおもえない味噌汁。
付けて正解。

厨房の奥からは
おばちゃんたちの話声。中の良さが伺えてなんだかほっこりした。
お客さんとも、「今年もよろしくね~」なんて声を交わす。
HPもないし、自ら宣伝しているわけでもない伊豆家。

地元の人にライフスタイルの一部として組み込まれ、
沼津に来ると必ず寄るという県外の方にとっても、沼津の街の大切な一部となっている。

≪伊豆家≫
沼津市仲町20-2
TEL:055-962-2296


大きな地図で見る

おすすめ記事

2件のコメント

  1. 清水英一郎

    御成橋ではなく永代橋の誤りですよ。

    ここの天丼は日本一だと思ってます。単品で食べる天ぷらではなく天丼用の天ぷらであり、胡麻油の加減が抜群です。
    御新香と味噌汁も昔からのままでいつ行っても満足できます。
    難点は、お休みが多いことと、閉店が早いことかな。

  2. >清水 さん

    スミマセン、初歩的なミスでした。
    修正しました。ありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。