居酒屋から街を元気に~あした葉~

numazu-journal9

“この店から沼津の街を元気にしていきたい”

アーケード名店街と沼津駅北口に店を構える鉄板焼あした葉。
沼津ブランドにも認定されているキャベⅡなどアイデア満載のメニューと店員さんの元気な姿が印象的なお店だ。インタヴューに答えていただいたのは代表取締役の望月大樹さん。

numazu-journal

もともとは人情屋台という屋台村だったものを13年前、望月さんが現在のアーケード名店街の場所に移転、あした葉としてオープンさせた。アットホームな雰囲気にファンは多く、いつも賑わいが絶えないお店である。

numazu-journal10

また、望月さんは近隣の飲食店と飲み歩きのイベントを行ったり、数軒の居酒屋さんと復興のチャリティーイベントを行い街に賑わいをつくる中心的な役割をしている。
望月さんのまわりには、気持ちがよく元気な人が集まる。

“やっぱり自分たちが楽しまないとね。元気と笑顔を与えることでお客様にそして地域の人たちに喜んでもらえたらいいです”

numazu-journal2

望月さんは飲食業の前には大手工場で働いていたそうだ。
製造業とは違い多くの人と接することのできる飲食業に魅力を感じているという。

“やっぱりお客様と直に接することで自分をどうアピールするか、覚えてもらうかによってまた会いに来てくれる方もいますからね”

飲食業の魅力を知るためのすべてがここには詰まっている。
オープンキッチンならではの見られているという意識が見せているという意識に変わる。
その意識の変化が自信になりその人の表情を変える。

numazu-journal3

働き始めればみんないい顔をするようになる、望月さんは嬉しそうにそう語る。

“うちで働くとかっこよくなったねとか可愛くなったねって言われますよ。自己の成長なくしては成功はあり得ない”

その成長のための環境を作る望月さん。
経営者と従業員の出会いは、いわば縁である。
従業員とすればどれだけいい経営者に出会えるか、それにより全ては決まるといってもいい。

numazu-journal8

現在、あした葉はスタッフを募集している。

“今ある現実に対して退屈だなとか何かやりたいなと思っている人に応募してもらえたらうれしいな。
厳しさの中で共に成長できる人材が望ましい
そして一緒に街を作って行こう、10年後の沼津を作るのは自分たちだ”

望月さんは自信を持って答えてくれた。
お客さんにとって魅力的なお店が集まればそこは賑わいのある街に。

numazu-journal11

≪元祖あした葉≫
沼津市町方町94
TEL:055-962-7784

≪鉄板あした葉≫
沼津市高島町21-1
TEL:055-922-7784

勤務時間:17:00~25:00(時間内で応相談)、週2日からOK!
時給:850円~(高校生800円)

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。