和音を奏でる花~アコルト~

大岡にある小さなお花屋さん“Akkord(アコルト)”
小さな白い壁にかわいらしい窓。
どこか海外を思わせるようなたたずまい。
中に入ってみるとさらにかわいらしい空間が。
小さい中に詰め込まれた
騒々しい現実から離れて、ふと絵本の中に入ってみたような“世界”

IMG_5715

実は築50年。
もとはスナックだったそう。
古くて貸出をしてなかった物件だったが独立するならココ!と決めていたそう。
大家さんに直談判をし、ちょっとリメイクをし
素敵なお店が出来上がった。
まるで音色を奏でるようにアコルト色に染まっていく。

それはお店の名前にも現れている。
Akkordとはドイツ語で『和音』という意味。
植物や人が出会い、奏でる和音。
ライブ感あふれる瞬間がアコルトにはある。

オーナーの土屋聡美さんは
高校時代に偶然出会った本がきっかけで花の世界を目指すことに。
それから周囲の反対を押し切って“花一本”となる。
高校卒業後、地元のフラワーショップで経験を積み
2005年ドイツに渡る。

IMG_5763

近所のおばさんが花瓶を持ってきて“今日お客さんが来るからこれに活けて”だったり
なじみのおじさんが連日のように花を買いに来たりと
ドイツでみる花との生活はとても親しく、日本育った土屋さんにとって新しかった。
そんなドイツだからこその授業を多く受講した。
その時、1日中森を歩く授業や
アーティストのための森の授業。

日本では“材料”としか見れなくなっていた花に
“命”を見ることできた。
そんな植物との生活の中で自分の店を持つとう夢ができた。

”生花は枯れてしまう。
だが枯れるからこその良さもある”

たった1本でもいい。
たった1本のお花でも楽しみ方は充分にある。

そんなお花を生活に取り入れる方法を聞いた。

初めはその長さで、
その後は少しずつ茎を切っていき、
花瓶にしたり、コップにしたり。。。
楽しみ方は幾通りもある。と。

使う花、使う花器、花の数、、、
その時その時で奏でる和音で変わっていく。
だからお花はこころを豊かにして、癒してくれるのだろう。

IMG_5745

ドイツで学んだだけあって、クリスマスには人一倍の思いがある。
クリスマスまでの時間を楽しむことも大切にする。
そんなアコルトで開催されるのがクリスマス市。

12月1日(日)2日(月)の二日間。
アコルトはクリスマス一色になる。

IMG_5743

《アコルト》
沼津市山王台9-12
TEL:055-960-9577
http://akkord.jimdo.com/florist/

アコルト~クリスマスを彩るアレンジの会~
・参加費:1000円 +材料費3000円~(容器をお持ちの場合はお花代のみ)
・日時:12月8日(日) 1回目:10:30~ 2回目:15:00~
    12月10日(火) 1回目:10:30~ 2回目:19:00~ (所要時間:約1時間)
・申し込み締め切り:各日2日前の18時まで
※材料手配の関係上、必ずお申込みをお願いいたします!!!
・定員:各回10名

詳しくはこちら★
8日の申し込み→http://lotn.jp/events/akkord/
10日の申し込み→http://lotn.jp/events/akkord2/

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。