寿司屋のカウンターで気軽に食べる方法

si

沼津と言ったら寿司。
寿司の醍醐味は旬の魚をおいしく感じられること。
カウンターで職人の握る技を見ながら食のストーリーを聞くのも楽しみの一つだ。
しかし、寿司屋でのマナーや値段の問題などで敷居が高いと感じて敬遠してしまう。
沼津市では気軽に寿司屋の楽しさを味わえるよう「カウンターで寿司食いねェin沼津」キャンペーンをおこなっている。これが何とも地元の人にも観光客の方にもうれしいキャンペーンなのである。

今回は協力店のひとつ、大岡にある寿司の大将を訪れた。
暖簾をくぐると威勢のいいあいさつが出迎えてくれる。

numazu-journal5

気分は一気に寿司モード、さっそくキャンペーンのおまかせコースを注文する。
寿司の大将は沼津市出身のご主人、鈴木喜久男さんが29年前に開いた店だ。

“それまでは東京で修業してたんですけど、沼津に戻って店をやりたいなと思って”

もともと寿司を食べるのが好きだったから寿司屋になることにしたという鈴木さん。
好きこそものの上手なれ、この分かりやすさは好感が持てる。
そんな会話をしているとサッと出されるバチマグロの赤身。
美味い!やはり目の前で握られる寿司が一番だ。

numazu-journal3

寿司はカウンターで食べるのが一番おいしいというが、はじめてのお店でカウンター食べることはなかなか勇気がいる。だが、この「カウンターで寿司食いねェin沼津」はおまかせコース3,150円と値段が決まっているので安心。沼津の寿司を気軽に楽しむことができる。

“都内と比べるとやっぱり鮮度が違いますからね、なるべく地のものを出したいと思っています”

アジやシラス、サバはもちろん、駿河湾のトロール漁で獲れたタチウオや手長エビなどその日の仕入れによってコースの内容を変える。県外からの観光客も沼津ならではのネタに喜んでくれると鈴木さんは言う。

numazu-journal2

こちらの食べるペースに合わせて、テンポよく握られる寿司。
鈴木さんが自信を持って勧めるインドマグロのトロや職人のひと手間が加わる穴子など次々に目の前に出される。そのひとつひとつに必ず一言つけてくれるのが嬉しい。カウンターだからこそのやり取りを楽しむ。

“カウンターで握りたてを食べるのが一番いい状態ですからね。僕らも修業時代は隠れて食べたりして。盗み食い、あれが一番美味かったですよ(笑)”

自然と会話は弾み、あっという間におまかせコース13品を食べ終わる。

“好きに食べて、自分なりに楽しんでいただければいいんです”

鈴木さんは満面の笑みで幸せな時間を締めくくる。

numazu-journal4

寿司屋でのマナーが掲載されているカウンターデビュー応援ブックも制作されている。
ロットンにも置いているのでぜひチェックをしてカウンターへ!
「カウンターで寿司食いねェin沼津」協力店は26店。
沼津港、沼津駅付近、郊外のお店でいつでもこのサービスを利用できる。
参加店舗一覧をこちらで確認して頂きたい。
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/taberu/sushi/supporter.htm

寿司の大将
沼津市大岡自由ヶ丘1977-8
電話:055-924-2895

カウンターで寿司食いねェin沼津
http://www.city.numazu.shizuoka.jp/kankou/taberu/sushi/

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。