センターテーブルを作るということ

numazu-journal

“僕が作ったのは沼津の素材を使って地元に誇りを持ってもらうようなものだったと思うので、ちょっとでもお客様に伝わっていればいいかなと思いましたね”

レストランSHOREのオーナーシェフ、鵜澤宏至さんは沼津自慢フェスタを振り返る。
鵜澤さんが参加したのは開催最終日のセンターテーブル。
和食の美食倶楽部 蓮、ワインバーレストランのNinoeとのコラボレーションだ。

numazu-journal2

“海に敬意を持ってもらうような味にしたく、ソースも塩を使わず貝の持っている塩味で作りました。きれいな海というのはそれだけでありがたいものだということをお皿の上で伝えたかったんです”

食材に対する姿勢、感謝の気持ち、敬意を大切にする鵜澤さんらしい言葉である。
そんな自慢フェスタのなか我々が気になった点がひとつある。
それは鵜澤さんを終始サポートしていた奥様が流した涙である。そのわけを訊いた。

numazu-journal3

“みんな純粋で、ほんとにいい子たちで。清らかな心に触れたというところです”

自慢フェスタの3日間をサービスボランティアとして支えた飛龍高校の生徒。

その生徒たちの一生懸命な姿を見て心を打たれたということだ。

センターテーブルを作ったのは料理人だけではない。多くのサポートがあり、あの特別な空間、空気感が生まれたのだ。

“一生懸命学ぼうとする姿というのは見ていて感動的ですよね”

多くの人の想いのうえに成立したセンターテーブル。
自慢フェスタ初参加となった鵜澤さんはそこで普段とは違った充実感を得た。

“いつもと違ったものにチャレンジする機会を与えて頂いたのはありがたいですよね。久々に完全徹夜でしたけどね(笑)”

numazu-journal4

RESTAURANT SHORE
静岡県沼津市馬込31-1
電話:055-960-7714
http://www.uzawa-french.com/

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。