賑わう商店街

今週、上土商店街近隣は特に賑わった。

10日オープンしたのが「グランマ」
先代は旭園本店として和菓子店を営み15年前に老舗店は閉店したが
時代が流れ、5代目の中川さんが洋菓子店としてお店が開くこととなった。

街の人たちの期待は大きい。
オープン前の行列は約60m
IMG_1617

店舗のなかにはきれいに並んだ生菓子、焼き菓子など洋菓子とともに
旭治左衛門(あじざえもん)と命名された、新たな沼津土産も並ぶ。

IMG_1627

同じ日JOUJOUKA(ジュジュカ)は約1ケ月ぶりに店舗を再開した。

店主の奥村ご夫妻は一年に2回海外へと買い付けに行く。
その間、お店がお休みとなる。
今回も8月の終わりから買い付けの旅に出た。
向かった先はアメリカ、イギリス、フランス。

IMG_5431

そこに住んでいる人の生活を感じ、そこにあったモノの物語を感じる。

オープンな気持ちでいることが大切だそうだ。
観念に縛られずいいものはいいというスタンス。
それ故にJOUJOUKAに並ぶ商品はどれも個性的でその時にしかないものだ。
JOUJOUKAの今現在を感じるのは、やはり今しかないのである。

写真_1~1

そんな店主の見つけた、時代、場所が変わっても“いいもの”。
店舗が再開してお客さんは本当に楽しみににお店にやってくる。

店主からモノの物語を聞き、モノの価値を知り海外からやってきた“いいもの”はライフスタイルの一部になっていく。

numazu-journal

上土商店街を駅を背にして進みスルガ銀行本店の交差点を右に曲がり進み
大門町にあるPiLOT(パイロット)も本日、1ヶ月ぶりに再開した。

こちらのお店も定期的に、アメリカに買い付けに行く。
西海岸を中心とし、雰囲気もJOUJOUKAとはちがうのが面白い。

今年はアメカジの復活もありコットンのネルシャツやニットなど デニムを基本とした王道コーデの他、
ハウスウェア(雑貨)と 人気の靴も多数入荷した。

pilot02

今季のコンセプトを店主にたずねた。

今年は原点回帰でPiLOTの基本の戻りたい
‘’ おバカでHappyな服 ‘’

pilot03

個性豊かな店主の、個性のある商品がまた商店街にあふれる事になりそうだ。

グランマ
沼津市上土町63
TEL:055-962-2588

JOUJOUKA(ジュジュカ)
沼津市上土町70
TEL:055-954-0240

【PiLOT・PiLOT women】
沼津市大門町17番地
TEL:055-962-4847
http://www.pilot-numazu.com/

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。