本場のソーセージを求めて

numazu journal

沼津で唯一の養豚農家が門池南西に店舗を構えたのは今年4月5日。
ちょうど門池の桜が見頃を迎える時期だ。
もともと市場に出荷する生産だけを行っていた農家が、
加工販売を始めたのは三代目である石塚貴久さんのアイデア。

麦豚工房石塚の豚は、餌となる麦を普通の豚より3倍近く多く配合しており、
脂質がよく、旨み成分を多く含む。その一番いい豚を自分のお店で販売したい、
それがオープンによせる石塚さんの想いであった。

numazu-journal-(2)

“どうせ修行するなら、すごい人のところがいいと思って”
最高のものを最高の技術で。
修行に行ったのは業界でトップをいく厚木ハム。
世界最大級の食肉加工コンテストIFFAで日本人初の3位となった嶋崎洋平さんのもと、
義理の妹である小野育恵さんがおよそ2年の修行を行い、その技術を学んだ。

カッターやスモーカー、真空包装器など設備もすべて本場ドイツ製のもの。
保存料や着色料は一切使わず、スパイスやスモークに使用するチップもドイツから取り寄せている。
こだわりが絶対の自信に繋がる。

numazu-journal-(3)

そんな石塚さんが今年、沼津自慢フェスタに初めて出店する。
ソーセージはもちろん、焼肉、豚のホルモンをカリカリに焼いてニンニク醤油で味付けたものなど
想像しただけでもよだれが出るラインナップだ。

また、当日は数量限定での販売を検討しているポークジャーキーもある。
“出来立てを食べたらびっくりしますよ。豚の脂と赤身をハサミで切り分けて、
一枚一枚のばすので手間はかかりますけど、すごく美味いです”
手間を惜しまず、丹念に作りこまれたポークジャーキー。
ビールに合わないわけがない。また新しい楽しみが増えた。

渡邊精肉店のあしたか牛、そして麦豚工房石塚の豚肉。
自慢フェスタで肉三昧。それもまた醍醐味だ。

IMG_0223

麦豚工房石塚
沼津市岡一色145-1
電話:055-943-6456
公式ブログ:http://ishizukapork.eshizuoka.jp/
Facebookページ

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。