記念日を彩る

駅からほど近い沼津の住宅街にあるラセール。
本格的なフランス料理を味わうことができるここは平成元年にオープンした。

しかし、歴史は古い。
江戸時代の浄瑠璃・歌舞伎作家、近松半次の遺作『伊賀越道中双六』は
日本三大敵討ちの一つを題材にした名作である。
その舞台に沼津の雲助・平作が娘と営む茶屋がある。
その名を持った「平作茶屋」という名物割烹がラセールの前身なのである。

フランス料理店になっても
皿にはローマ字で「平作」と銘がいれてある。

フランス料理という新しいジャンル、アプローチで
この伝統ある東海道を大切に残しているラセール。
伝統を守り、上質な料理を提供する
料理長の平舘さんにお話を伺った。

平舘さんは12年前に東京から沼津へラセールの料理長としてやってきた。
それまでは旅行で2~3回来たことがあったくらい。

numazujournal_ラセール1

もともとフランスや東京など各地で料理を勉強していたこともあり
土地を変えることにはあまり抵抗感はなく
むしろ海も山もあって住みよい場所だと感じた。

ラセールではフォアグラやキャビアなどのフランスの食材と
静岡東部の食材をあわせて使用している。

ひとつひとつ手の込んだ料理には
わざわざ来てくれた客さまに
なかなか食べることができないようなものを
そして移りゆく四季を感じられるようにと料理にはシェフの想いが詰まっている。

numazujournal_ラセール3

フランス料理、こだわり抜かれた高級な料理。
記念日やウエディングに利用する人が多い。

好きな彼女を誘ってみる大切なディナーや
夫婦でたまにはゆっくりとした時間を過ごそうといった
空間になるように料理から店内、サービスまで心がけている。

numazujournal_ラセール2

世の中には安くて量が多いほうがいいということもあるけれど
ゆっくり食事をする時間を楽しんでもらいたい。

フランス料理はテーブルマナーが厳しそうで
やはり敷居が高く近づきにくい。
だが、
「子供に注意をするような常識の範囲でのマナーさえあれば大丈夫。
楽しく食べてもらうことが大切。」と平舘さんは言う。

numazujournal_ラセール4

あとはプロのウエーターがエスコートしてくれる。
わからないことはお店の人に聞けば教えてくれる。
ゆったりとリラックスした気持ちで
流れに身をまかせることも楽しむポイントだ。

沼津にはたくさんの恵みとそれを操るプロがいる。
「たとえばお寿司ならたまにはカウンターで目の前で握ったすしを食べてもらいたい。
本物に触れること、おいしいものが手に入る街に住んでいるんだから。」
と平舘さんは言う。
フランス料理を通じて、この恵み、歴史、そして「食事をする上質な時間」を知ることができるだろう。

今回沼津自慢フェスタ2013のセンターテーブルにも出店する。
「沼津にいる以上はみなさんのお役にたちたい。
そして年に1度のイベント、自分自身も楽しみたい。」
意気込みをいただいた。

numazujournal_ラセール5

フランス料理 ラセール
〒410-0022 静岡県沼津市大岡日吉1706-2
営業時間(Lunch) 12:00-14:00 (Dinner) 18:00-21:00
定休日 毎週:月曜日

おすすめ記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。